醸造所

ウェストマールのトラピストビールは世界中で人気があります。ビール醸造所は修道院の費用を賄っています。ウェストマール修道院では、利益を出すことが目的の商業的な考え方ではなく、社会貢献を考えて醸造しています。
 

売上収益ほとんどは醸造所の施設、周囲の自然環境への配慮、そして安全な作業環境などに投資されています。修道士はもはやビールをつくらなくなり、日々の醸造工程は地域から雇用した醸造者に委託しています。しかし、監督としてビールの醸造プロセス及び職員との打ち合わせは、従来通り、担当しています。

一部の売上は、チャリティーや社会的プロジェクトそして助けが必要な人たちのために使われています。

ウェストマールのトラピストビールの醸造所プロセス

醸造プロセス

ウェストマールのトラピストビールはどうやって造られているのでしょうか。
最初の糖化から最後の瓶内第二次発酵にかけて、醸造のプロセスを見てみましょう。

醸造所の歴史

ウェストマールの醸造所と修道院の歴史がお互いに密接に結び付いています。最初に自分たちのためにビールを造っていましたが、やがて外部への販売も始めました。

醸造所の理念

ウェストマール修道院のトラピスト修道士は醸造所を監督し続け、労働環境と品質について自らと修道会の理念を遵守します。

輸入代理店

輸入代理店

お問い合わせ:

小西酒造株式会社

site by Intracto